2007年 11月 14日

山恋 黒滝山みぞれ雨 2

未知の山でしたので  たとえ頂上は踏めなくても 午前11時を撤退のタイムリミットに設定していました
逆算すると やはり夜明け前には歩き始めなければなりません
朝4時50分 自宅出発
途中コンビニで おにぎりを買い 登山口をめざします



AM5:40 巻川林道の登山口です  本来は送電線の巡視路なのですが 登ってゆくと登山道と合流します
K10D DA21mmF3.2Limi    F/3.2  1/40  ISO100  ストロボ発光
f0137288_2028539.jpg




登っている途中 那須野が原の夜明けです
三脚は荷物になると思い持ってゆきませんでしたので 手ブレ量産です
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5.6  1/5  ISO400
f0137288_2031037.jpg




落葉した木々の間から 朝陽がのぼります
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5.6  1/200  ISO100
f0137288_20333586.jpg




すっかり夜が明けました が 上部は雲に隠れパラパラと降る雨が笹原を濡らします
K10D DA21mmF3.2Limi    F/8  1/1250  ISO200
f0137288_2035212.jpg




中間点の「さる山」です(正式には 双子山のようです)  名前の通りこの辺は 野生の猿の出没はめずらしくありません
K10D DA21mmF3.2Limi    F/8  1/100  ISO200
f0137288_2038923.jpg




那須見台です このコースで唯一 雑木林に邪魔されず 那須連山が見える場所です
残念ながら やはり標高1500m以上は雲に隠れています
K10D DA21mmF3.2Limi    F/8  1/400  ISO200
f0137288_20432995.jpg




AM10:15 黒滝山山頂です 何とか予定時間をクリア出来ました
風が強く みぞれ雨が横なぐり じっとしていると寒さで体が震えてきます
それにしても この登山道を整備した 地元山岳会関係者の皆様に頭の下がる思いです
ただ登るだけでも 本当にタフなコースでした
山頂には 三等三角点と山名板が何枚もありました
ポピュラーでないこのコースに 自分の足跡を残したい気持ちが 痛いほどわかりました
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5  1/320  ISO400
f0137288_20522892.jpg




お昼です とにかく陽のさしている所まで・・・と 急な坂道を 何度もシリモチをつきながら
三石山(1257m)までくだりました
まず お湯を沸かします
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5  1/800  ISO100
f0137288_20563135.jpg




本日のメインディッシュ「かきたまスープハルサメ入り」
・・・・・うまかったナ
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5  1/160  ISO100
f0137288_212266.jpg




登山道は こんな感じです まわりが雑木林 道の両脇は背丈ほどの熊笹
そして急登の連続です
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5  1/160  ISO100
f0137288_2154658.jpg




下る途中に虹が出ていました 
今頃の季節 山がしぐれると太陽の角度(方向)によって見ることの出来る 自然からの贈り物です
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5  1/640  ISO100
f0137288_2192371.jpg




同じく下る途中 百村山山頂よりの 那須野が原です
陽のさしている所は 本当に暖かそうですね
K10D DA21mmF3.2Limi    F/5  1/500  ISO100
f0137288_21115562.jpg

※ 参考までにコースタイムを記します
巻川林道鉄梯子(870m 5:40)→百村山(1085m 6:30)→三石山(1257m 7:15)
→さる山(双子山)(1467m 8:10)→那須見台(1475m 8:30)→山藤山(1588m
9:00)→河下山(1700m 9:50)→黒滝山(1754m 10:15)→お昼 三石山(12:35)
→巻川林道鉄梯子(14:15)

雑感
50を過ぎると 膝の関節の潤滑油が足らなくなる様です
下りは完全に足にきました 登りよりもつらかったですね・・・もっと鍛えなければデス 
 

by tokihira-m | 2007-11-14 21:33 | 趣味


<< 豊作だょ~      山恋 黒滝山みぞれ雨 >>